夫婦で我が子の教育方針を一致させる必要性

友達の家でのお泊り会は教育に問題ないか

夫婦で我が子の教育方針を一致させる必要性 小学校の中学年の子供で、友達の家にお泊り会に参加したいと言ってきました。お泊りをする家庭においては、それほど親密ではないものの、ある程度は知っている間柄です。大きな問題もないようには思います。でもそういった経験があまりなく、相手の家で迷惑をかけるのではないかと心配の部分もあります。経験を積む意味ではいいのでしょうが、単に相手方に迷惑をかけるためだけに行くのであれば今回はパスしてもらいたいとも思っています。

教育への問題としてお泊り会はどのような影響があるかです。学年が下になればなるほど、相手の家で迷惑をかける可能性は高くなります。ですから行かせるなら行かせるで事前に挨拶に行くなりしておいたほうがいいでしょう。良く知っている人でも、あまり知らない人でもです。迷惑をかけるのが心配より、迷惑をかけに行くと思っておいたほうがいいです。場合によっては中止にして連れ戻すぐらいの覚悟で行かせてみてもいいかもしれません。

小学校の高学年、中学ぐらいになると多感な時期にもなりますからあまり安易に容認しないようにします。一度認めてしまうと定期的にお泊り会をするようになり、勉強などにも影響が出ることがあります。目的などを明確にさせて参加させるようにするといいでしょう。単に遊びに行くのではなく、勉強をするとか、料理を教えてもらうなどの目的があるなら子供のためにもなります。この場合においても、事前に挨拶は済ませるようにします。


Copyright(c) 2022 夫婦で我が子の教育方針を一致させる必要性 All Rights Reserved.