夫婦で我が子の教育方針を一致させる必要性

子どもの教育で身長が高くなるようにしたい

夫婦で我が子の教育方針を一致させる必要性 昔の人は今の人よりも背が低かったと言われます。偉人であったり相撲取りなどの中にはかなり大きな人もいたようですが、庶民はそれほどでもなかったのでしょう。事情としては食生活や仕事の内容があるのかもしれません。牛肉などの肉を食べるようになったのは明治以降と言われます。庶民もとなると戦後になってくるのでしょう。その他の食材に関しても、高度経済成長の家庭でいろいろなものが取り入れられるようになっていますそれも原因の一つでしょう。

親の身長があまり高くない場合、子供の身長が将来どのようになるかが心配になることがあります。体型などについては遺伝がある程度関わると言われます。どちらかの身長が高ければよかったのですが、どちらもあまり高くないのです。教育方法としてどういったことに取り組んでいる人が多いか探してみました。まずはよく寝るようにさせることです。寝る子は育つと言われます。寝ている間に成長ホルモンが出てきますから、それを促すことができます。

しかし最近はテレビなど夜遅くまでしているものが多く子供もなかなか寝てくれないことが多くなっています。その他としては、カルシウムの多いものを食事に取り入れることがあります。魚であったり海藻、牛乳などです。牛乳が苦手な場合は牛乳の味があまりしないものを料理などで使って工夫をします。カルシウムだけとってもなかなか取り入れられることはないようで、バランスを考えた食事をさせます。しっかりした体づくりをさせるのです。


Copyright(c) 2022 夫婦で我が子の教育方針を一致させる必要性 All Rights Reserved.